顧問弁護士の特徴と依頼することのメリット

顧問弁護士という言葉を聞いたことがある人は多いはずですが、詳しい特徴を知らない人や必要性が分からない人もいるはずです。
まだ契約を行っていないのであれば、まずは特徴や依頼するメリットを知ることから始めてみることをおすすめします。

顧問弁護士とは

会社で起こる法律問題や不安ごとに対するサポートを行ってくれる弁護士のことを顧問弁護士と呼ぶことができ、法に関することを任せるために契約する企業が増えていることを知っておくと良いです。
普段から社内規定の整備や労働環境や管理の改善、契約書整備やリーガルチェックなどを任せることができますし、何かしらのトラブルが起こったときには解決のために協力してもらうことができます。

顧問弁護士を配置しておくメリット

リスク対策を徹底できる

顧問弁護士を配置しておくことにはたくさんのメリットがありますが、まずはリスク対策を徹底できるというメリットがあるでしょう。
法律に関しては専門外の企業がほとんどなので、知らず知らずのうちに大きな問題を引き起こしてしまってもおかしくないです。
正しい知識を持っていないことが原因で社内や社外で法的なトラブルが起こる可能性がありますが、日常的にアドバイスをくれる法律家がいれば問題が起こらないように予防できるようになります。
自社では気づくことができない問題を指摘してもらうこともできるため、トラブルが起こりづらい会社をつくることが可能です。

対策を講じておいたとしても問題は起こってしまうことがあるでしょう。
そのときには、顧問弁護士に相談しながら話を進めることができるようになります。
法律の知識がなければ不利な条件を飲むことになってしまったり、相手の不当な言い分を聞き入れることになってしまったりしてもおかしくないので、きちんと対応できる法律家の存在が重要です。

日頃から気軽に相談できる相手を確保できる

日頃から気軽に相談できる相手を確保できることもメリットの1つだと言えます。
経営者や上層部が問題を抱えていたとしても、気軽に相談できないケースもあるはずです。
しかしながら、大丈夫だろうと思って放置しておいたり、少ない知識でいい加減な対策をしてしまったりすると思わぬ問題を引き起こすことに繋がるかもしれません。
顧問契約をしている弁護士がいる場合は、いつでも気軽に相談することができます。
新たに弁護士を探す場合と違って心理的なハードルが低いので、ちょっとした困りごとでもその都度解決することができ、不安のない状態で会社を経営していくことが可能です。

トラブルが起きたときに弁護士が見つからないという問題を避けられる

トラブルが起きたときに弁護士が見つからないという問題を避けられるというメリットもあります。
問題が起こってから依頼先を探せば良いと思う人もいるかもしれませんが、忙しさや抱えている問題の内容を理由に依頼を受けてもらえない可能性が高いです。
顧問契約を行っているのであれば、他の弁護士に断られてしまいそうな内容であったとしてもスムーズに引き受けてもらえるので安心だと言えます。

まとめ

顧問弁護士を依頼することにはこういったメリットがあることを知っておきましょう。
企業において法律に関する部分は利益を生まない部分なので、コストをかけたくないと思うかもしれませんが、法律に関係する問題が起こってしまったときのほうが厄介です。
問題解決にコストが必要となるだけではなく、営業を停止することになったり会社の評価を落としてしまったりする可能性があることも理解しておく必要があります。
顧問弁護士がいればトラブルが起こりにくい状態にしておくことができますし、仮に問題が発生したとしても迅速かつ適切な方法での解決を実現できるようになるはずです。
特徴や利点を詳しく知った上で、自社でも弁護士と顧問契約を結ぶことを検討してみることがおすすめだと言えます。

参考リンク
大阪で実績豊富な顧問弁護士サービス。法律顧問の顧問契約のサポート内容や顧問料(費用)、無料面談のご案内