相続放棄とは?メリット・デメリット・判断基準などを解説!

相続 相続関連

相続放棄とは、被相続人(亡くなった方)の財産を一切相続しないことを指します。
被相続人から相続する財産は、預貯金や不動産といったプラスのものだけでなく、借金などのマイナスのものも含まれますが、相続放棄を行うと手続き上は被相続人の他人として扱われるので、マイナスの財産を相続する必要がなくなります。

参考サイト
相続放棄をした場合でも、死亡保険金を受け取れるの?

相続を放棄すれば面倒な揉め事に関わらずに済む

また、亡くなった方が遺言書を残していなかった場合、相続人は遺産分割協議において財産をどのように分けるか決める必要がありますが、この遺産分割協議はスムーズに話がまとまらないことが少なくありません。
中には、これまでに仲が良かった親族の間で相続争いが発生するケースも多く見られますが、相続を放棄すれば面倒な揉め事に関わらずに済むというメリットもあります。
ただし、相続放棄を行うと当然ながらプラスの財産を相続できなくなります。
たとえ、手続き後にプラスの財産が見つかったとしても、放棄を取り消して財産を得ることは原則として認められていないため注意が必要です。
加えて、マイナスの財産がある場合に相続を放棄すると、他の親族がマイナスの負債を相続することになります。
身近な親族全員が相続を放棄したとしても、疎遠な親族を相続問題に巻き込んでしまうことがあることを念頭に置いておく必要があります。

相続を放棄すべきかどうかの基準

以上が相続を放棄する主なメリット・デメリットとなりますが、相続を放棄すべきかどうかは以下の3つの基準を参考に判断しましょう。

債務超過かどうか

まず挙げられる基準は、債務超過かどうかです。
被相続人に借金があったとしても、ほとんどのケースでは必ずプラスの財産もあります。
もし、プラスがマイナスを上回っていれば、プラスの財産を使って借金を返済しても収支はプラスになりますが、マイナスの財産の方が多い債務超過になっている場合は相続は放棄すべきでしょう。

手放したくない財産があるかどうか

また、手放したくない財産があるかどうかも重要な判断基準です。
例えば、被相続人と一緒に暮らしてきた家を手放したくないという場合は、多少の借金であれば相続すべきでしょう。
相続を放棄すると新たな住まいを探す必要があるため、借金を返済した方が経済的な負担が少なくなる可能性もあります。

限定承認が可能かどうか

最後の判断基準は限定承認が可能かどうかです。
限定承認とは、プラスの財産がマイナスの財産を上回る場合は全てを引き継ぎ、マイナスの方が上回る場合はプラスの財産と同じ分だけマイナスの財産を引き継ぐ制度のことを指します。
この制度を利用すると、被相続人が債務超過になっていたとしても、引継ぐマイナスの財産をプラスの財産の範囲内に抑えることが可能です。

自身が相続人になったことを知ってから3ヶ月以内に行わなければならない

限定承認は、被相続人が債務超過かどうか不明なケースや、手放したくない財産があるケース、他の親族に迷惑をかけたくないケースなどに検討すべき制度ですが、この制度は必ず相続人全員で家庭裁判所に申し立てる必要があります。
加えて、遺産放棄や限定承認の申し立ては、被相続人の死亡により自身が相続人になったことを知ってから3ヶ月以内に行わなければなりません。
3ヶ月以内に他の相続人からの同意が得られない場合、財産を全て相続するか一切放棄するかのどちらかを選択する必要があるので、疎遠な相続人や仲が悪い相続人がいる場合は限定承認は利用できないかもしれません。
また、この制度は手続きが複雑で申し立てから手続き完了まで1年以上かかるケースもあるという点や、みなし譲渡所得税と呼ばれる税金が発生する可能性があるという点も念頭に置いておく必要があります。

まとめ

以上が相続放棄をすべきか判断する基準となりますが、相続放棄の申し立ては被相続人の死亡を知ってから3ヶ月以内に行う必要があるため、相続を放棄する可能性がある場合はすぐに準備を開始することが重要となります。

タイトルとURLをコピーしました